2007年08月05日

お風呂にカビを生やさない3カ条 おまけ

カビの無い風呂
お風呂にカビを生やさずに快適なバスタイムを演出する3つの方法を挙げてみたけど、どうだったかな?納得してもらえたかな?めんどくさい〜!って思われたかな?確かにやってなかった事をやるのは、ちょっと面倒くさいと思うかもしれないけど、4日続けてみてよ。3日坊主って言う言葉があるように、4日続けるって言うのは習慣化の第一歩なんだよ。まずは、4日を目標にやってみてね。

そして、おまけ。

散々、湿気とか換気とか温度とか書いてきたけど、もうひとつ大事な事があるのを忘れてたよ。おまけなんて書いてるけど、全ての前提みたいなことだからしっかり読んでね。

それは、湯船にお湯を張って入る人。
湯船にお湯を残す場合は、必ず蓋をして下さいね。一人暮らしだったりすると、意外と湯船の蓋を持ってもいないっていう人もいると思うけど、湯船にお湯が張ったままで、なおかつ蓋もしてなかったらどうなると思う?
そう、湯気は出放題だしお風呂場の温度もなかなか下がらないよね。これでは、お風呂場にカビを生やさない3カ条を守っても全然効果がないよね。だから、これは必ず気をつけて。持っていない人は、まず浴槽の蓋を買いにホームセンターに走って〜。

では、快適なバスタイムを!

お風呂場にカビを生やさないための3カ条 おまけ
「湯船・浴槽にお湯を残す場合は、必ず蓋をしておくこと。」


posted by おふろ at 20:30| お風呂にカビがつかない為には | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お風呂にカビを生やさない3カ条 その3

カビの無い風呂

お風呂にカビを生やさないための3カ条の3つ目は、お風呂場の温度に気をつけること。カビの生えやすい環境はこれまでの説明の中で湿気を主に取り上げてきたけれど、もうひとつ重要な要素になるのが温度なんだよ。ほら知っての通り、寒いところではカビって生えないでしょ?だから、やっぱりお風呂場も暖かいままにしておくとカビは生えやすいんだよね。

そこで何をするかって言うと、これも簡単。温度を下げるって言っても浴槽のお湯は仕方ないからね、それは置いておいて、今回ちょっと手を掛けるのが洗い場。さっきは洗い場の水を切るっていう大事な話を書いたけど、本当はその前にこの温度についての対策をしなくちゃいけない。そこで、さてあがるか。って言うときにシャワーで冷水を出して、洗い場の床を、ささーっと流してやるだけ。その前に足で触れてみると判るけどやっぱりお湯を流して使っていたところは暖まってるからね。そこを重点的に、あとは回りもついでに汚れを流す感じで、冷水を使ってやるだけ。ちょっと流してやれば、すぐに冷めるから本当に簡単。そして、この後で水を切ってやる。

これだけの事でも毎日やるかやらないかで、カビの生え方が全然違ってくる。1日1分でカビ取り大作戦の回数も労力も、そして何よりお風呂の快適さが全然変わってきちゃうからね。
是非是非、試してみてね〜。

お風呂にカビを生やさない3カ条 その3
「お風呂上りの前に、洗い場の床の温度を下げてやる事。」

これ大事!
posted by おふろ at 20:21| お風呂にカビがつかない為には | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お風呂にカビを増やさない3カ条 その2

お風呂場にカビを生えさせない!カビを増やさない!その為には何が大事か。その1ではお風呂場の湿気を出来るだけ早くお風呂場からなくす方法を書きました。ポイントは流れを作る為に反対側を開ける事です。その開け方が少しだけ、と言うのもポイント。そして、お風呂にカビを生えさせない3カ条のその2は、お風呂場の洗い場の床にある水気を無くすこと。その1で書いた換気がポイントを抑えて効率的にできたとしても、洗い場の床に水が沢山あると、乾燥しきれないんだよ。ずーっと水分が蒸発し続けるって言う事は結局湿気がお風呂場にある、って事なんだよね。これを解決するために我が家で使ってるのが、最近はホームセンターなんかでも簡単に手に入る、窓ガラス掃除用のハンドワイパー。短い柄のハンドワイパーをお風呂場に用意しておいて、最後に上がった人が洗い場の床をハンドワイパーで、ひと通り水切りするんだよ。これだけで、今まで朝になっても少しあった水たまりが、完全に無くなった。と言うことは、お風呂場の湿気ている時間が短くなったって事だよね。これはカビに嫌われるお風呂場の条件にあってる。これがその2。

お風呂にカビを増やさない3カ条 その2
「お風呂場にハンドワイパーを用意し、最後に入った人は洗い場の水切りをする。」

ほんの数十秒の一手間で、今日も綺麗なお風呂場!気持ち良く入浴!!
posted by おふろ at 17:11| お風呂にカビがつかない為には | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お風呂にカビを増やさない3カ条 その1

お風呂のカビは着いてしまったら、どんどん増える。だからまず!カビが着かない様にする事が肝心。そして、カビが着かないお風呂にするという事は、カビが好きなものをお風呂場からなくしてしまえば良いのだ!
さて、カビが好きなものって何だろう?
カビはどんなところに増えていくかを考えればいいよね。カビが着くのは?湿気があるところ。湿気はとにかくカビの着く必須条件。湿気の無いところにカビは着かないのだ。
そんな事わかってるって?そうだよね。では、早速お風呂場から湿気をなくす方法を考えてみよう。まず、換気。お風呂を使った後はお風呂場に湯気が充満してるでしょ?これは湯船にお湯を張って入る人もシャワーだけ浴びる人も共通。この湯気をお風呂場にこもらせないように、換気扇が付いているお風呂場なら必ず換気扇を回す。そして、ここで大事なのが、換気扇を付けたら空気の流れが起きやすくなる様に、お風呂場のドアを少し開けてね。ドアや窓を閉め切って換気扇だけを回しても、空気はうまく流れないから換気の効率があがらない。窓を開けるのもいいけど、出来れば換気扇と反対側の壁にある窓かドアを少し開けてやるのがポイント。

お風呂場にカビを増やさない為のその1
「お風呂に入った後は換気扇を回して、換気扇の反対側の窓か扉を少し開ける事。」
posted by おふろ at 16:58| お風呂にカビがつかない為には | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

お風呂にカビがつかない様に

カビの無いお風呂!が自慢の我が家。いまだにタイルの目地は白いです。おまけに、今流行の浴室乾燥なんてしゃれた装置も付いてません。ちっちゃな換気扇とちっちゃな窓があるだけです。

我が家は築20年になるところですね。特別な装置もなく、比較的綺麗な風呂場はちょっと自慢です。結構よそのお宅にいくと座りたくないような椅子とか使いたくない洗面器ってあるよね〜。流石に言わないけど、時間があればちょっと磨いてみたり洗っちゃったり・・・。

やっぱりあれはちょっと嫌だ〜。ましてや自分の家がそうだったら毎日そのお風呂に入るわけだからね。目に入るカビを気にしつつ、気にしないようにしつつ、なんて折角お風呂に杯っても癒されないよ。

もちろん、綺麗なお風呂に入るために苦労するのも嫌だよね。うん、僕も嫌だ(笑)そこでウチで毎日やってるちょっとしたカビ対策を教えますね。

まず、ご存知の通りカビは湿気が大好き。湿気が大好きなカビを増やさないようにするには、湿気をなくせば良いんです。当たり前?ごめんなさい(笑)たしかに当たり前。その為にはまず、お風呂場を使った後には換気扇を回すこと。え!?これも当たり前?まぁまぁ、そうだけど、さっきも書いたように大変なことなんてやりたくないでしょ?簡単な事、簡単なカビ対策ってやっぱり当たり前なんだよ。

そんな当たり前のことをツボを押さえて効率よく、ちゃんとやる事でカビの繁殖が押さえられたら一番いいじゃん。まずは、必ず換気扇を回すこと!そしてその時には空気が流れるように換気扇の反対側にある扉か窓を少し開けておく事。これで空気の流れが出来て、お風呂場の乾燥スピードが上がります。

一応、半日も回したらほとんど乾くはずだから、お風呂場が乾いたら換気扇を止めましょうね。節約と省エネルギーです!(笑)
posted by おふろ at 22:59| お風呂にカビがつかない為には | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。